ドメインって何?サーバーって何?今更聞けない疑問を解決!

ドメインはホームページのアドレス

ホームページを作るときに、必ず必要になるのがドメインです。ドメインとは、http://やhttps://から始まるURLのことです。アドレスといった方が分かりやすいかもしれません。ドメインは、インターネット上の住所に相当し、世界に二つと存在しません。

ドメインを提供している会社があり、取得・利用したいドメインの申し込み申請を行うことで、使えるようになります。ドメインは先着順となっており、すでに利用している人や会社がある場合には、申し込みができません。ドメイン提供会社で、取得したいドメインを検索窓や入力フォームに打ち込むと、現在、取得可能なドメインが表示されます。取得を終えたら、それが自分のサイトの住所、URLになります。

サーバーはホームページを公開するのに必要!

サーバーは、ホームページのデータをアップロードするために必要です。ホームページを作ったら、それだけでインターネット上で閲覧ができるようになるわけではありません。サーバーと呼ばれるコンピュータにデータを転送する必要があります。サーバー上にホームページのデータがあることで、インターネットで誰でも閲覧できるようになります。また、サーバーは借りるのがふつうです。レンタルサーバー業者があり、まずはそこで会員登録を行い、サーバーを利用できる状態にします。ホームページの内容をアップロードする先が決まったら、その保管場所へデータを送るだけです。

ここで、冒頭のドメインを使います。つまり、公開するドメイン・アドレスをサーバーと紐づけることで、アップロードした情報が指定したドメインで表示されるようになります。

ホームページ制作を格安で依頼するポイントとして、複数の業者に見積もりを出してもらったり、ベテランの技術者とメールや電話などで相談をしたりすることが効果的です。